騙されないコツ

電話占いに没頭すると、いつのまにか相手の占い師に依存しているという状態も考えられます。
元々、どうしたらよいのか教えをこうような形で出会っています。

 

依存心が強いと徐々に「占い師の言うことを聞いていれば間違いない」というような気持ちになってしまうこともあります。そして、占い師に言われた通りに本当は価値の無い高い品物を買ったり、なんでも占い師の言うなりというマインドコントロールされている状態に陥ることもあります。

 

そう言うと、「占いって怖い」と思う方もいるかも知れません。
しかし、前述したような例は、占い師が意図的に作り出している状況だとも言えます。

 

ほとんどの占い師さんは、「自分が占うことで相手が未来に迷うことが少なくなればいいな」という善の気持ちで占いをしています。ですから、占い全般を怖がる必要はありません。

 

電話占いにも自己管理が必要です。例えば、適量食べれば体に良い物でも食べ過ぎれば体に悪影響を及ぼしますね。それと似ていますが、占いも依存し過ぎると何も自分で決められなくなってしまいます。

 

電話占いを利用する際には、占ってもらう時間や金額を自分でしっかり設定して没頭し過ぎない事です。占いで自分の未来を診断してもらっても、結局、自分で道を決めて進むという気持ちが大切です。