占いのルーツ

世界中で人気の占いですが、そのルーツは人が生きていくために災害や危険を予知して避けるために始められた危機回避のための技だったと言われています。

 

天候がどう傾くかを予想して作物の種を植える時期を決めたり、川が氾濫することを予想して前もって対策をしておいたりするための高度な予測術で、人が生きていくための知恵とも言えるものですね。

 

村などの社会の運営に関わったり、国の行末を決めたりするような大きな組織を動かす際にも用いられ、今でも欧米では会社の経営などをホロスコープのアドバイスによって決めている経営者がいると言われています。

 

そうした組織運営の面から離れて、現代での身近な使われ方としては、人と人との相性を中心とした対人関係のアドバイスとして根付いています。

 

恋愛でもビジネスでも、どうすれば相手とうまくやっていけるか、どういった相手であれば長く付き合っていけるのかなどを知るためには、占いは有効に使われています。

 

占いは確率論だと言い切る占い師、鑑定士もいますが、過去、人間が生きてきた膨大な経験データの中で、こうした時にはこうした対応、こういう人にはこういう態度を取れば良いというように、成功した例を参考に倣うというのは有効な手段です。

 

同じ失敗を繰り返さないためには、過去に同じような経験を持つ人に話を聞くのが一番ですし、そうした知識のある人からもらえるアドバイスには貴重な価値がありますよね。

 

占いは、そうした面から考えると、やはり知識や経験の多い熟練の占い師や鑑定士などに占ってもらうのが当たる確率が高いとも言えます。インターネットなどで人気の占い師、鑑定士を探してみてはいかがでしょう。