電話占いの仕組みとやり方

電話占いって、詐欺に遭ったり騙されたりしていないでしょうか。
不安な場合は、まず、電話占いの仕組みを知ることから始めてみましょう。

 

電話占いと言っても色々ありますが、お勧めは、多くの占い師が登録しているサイトを利用することです。そう言ったサイトは、『占い師』と『占って欲しい人』の橋渡しをする役割を持っています。

 

多くの占い師が登録していて、オンラインとオフラインがあります。つまり、占い師が占える状態の時はオンラインになって、占い師が休憩したり就寝している間はオフラインになるのです。多くの占い師が登録しているため、24時間いつでも占い師に占ってもらうことが可能です。

 

初めての時は、まず、ネット上から会員登録し、生年月日、メールアドレス、
暗証番号や何について占って欲しいのかをチェックしておきます。

 

ある占いサイトでは、料金が200円からで占ってもらった後に、後払いで支払いする形式です。
ですから、支払いをしたのに占ってもらえなかったということにはならずに安心です。

 

支払い方法は、銀行振込、クレジットカード払い、電子マネー等がありますので、
自分の希望の支払い方法があるのか事前にウェブサイトで確認しましょう。

 

電話占いのやり方

 

電話占いのやり方は、各電話占い会社によって異なりますが、おおむね電話をかけてオペレーターと用件の確認をして、占い師、鑑定士とつながったところから料金が発生するというシステムが多いようです。

 

料金は、最近では通話料も含んだ形で1分単位の計算になるようです。
1分未満は繰り上げになりますので、3分10秒でも4分になりますね。

 

占い師、鑑定士によって料金が異なるようですので、最初に確認したほうが良いでしょう。
最低料金が決められているところでは、それ以前に話が終わってしまってもその分は発生するようです。

 

最初の受付では、個人情報を伝える必要があります。
名前や生年月日や住所、連絡先などが必要ですので、きちんと伝えましょう。
初めての時に会員として登録される場合もあります。

 

占い師、鑑定士から連絡先に電話がかかってくるか、もしくはこちらから電話をする形で、つながった時間からが料金発生となります。多分最初に開始時間を確認されると思いますが、もし言われないようならトラブル回避のために明確にして、メモを取っておきましょう。

 

鑑定終了後にオペレーターから料金支払いの連絡があり、期日までに振り込むのが一般的です。基本はこれだけですが、電話占いは時間がポイントですので、無駄に長い時間をかけないようにするのがコツです。

 

相手が不当に時間を引き延ばすようなことがないかも注意しましょう。
また、相手先によっては勧誘などがある場合もあるので、それは認識しておいたほうが良いと思います。