占いの種類

それぞれの占い師や鑑定士にはタロットや四柱推命、霊視などなど得意の分野があるので、どれが自分の悩みの解決に向いているのか知りたいですよね。主なものはそれぞれどんな占いなのでしょう。

タロット占い

タロット占いとは、専用のカードを用いて行う占いで、かなり昔から世界中に存在するため方法もいくつかあります。スタンダードなのは78枚のカードを使ったもので、22枚を大アルカナ、56枚を小アルカナと呼び、それぞれ又はそのどちらかを使って占います。

 

基本的にはシャッフルした中から出たきたカードを使って占うので、カードさえあれば誰にでも可能です。それだけに、当たる当たらないは占い師の腕に関わってきます。

四柱推命(しちゅうすいめい)

四柱推命(しちゅうすいめい)とは、中国で生まれた占いです。

 

これも厳密にはいろいろなやり方がありますが、生まれた年や月日、時刻を4つの柱と見立てて命式という図を作り、生まれ持った運命から占う方法になります。

 

とても的中率が高いと言われますが、生まれた日時は一生変えられませんので、目の前で起こっている事というより、もともと自分が持ってうまれた運命などを知りたい時に使われます。

 

その他にもダウジングやパワーストーン、霊視などがありますが、占い師や鑑定士の能力そのものに深く左右されるものと、占星術や九星気学、姓名判断のように膨大なデータ分析に基づいて導き出すものとに大別出来ます。

 

これらをいくつか組み合わせて占いを行う占い師や鑑定士もいますので、自分の知りたいことや解決したい悩みに合った占いの方法を選ぶ必要があるでしょう。